toggle

湯河原トリプルパワースポット

鎌倉幕府を開いた源頼朝が、挙兵し関東の源氏をまとめて平家を打ち破ります。
石橋山の合戦に敗れ、土肥実平の手引きにより身を隠し強運を得た地が『湯河原』です。
頼朝や実平の強運と『パワースポット湯河原』の相乗効果で命を救われたとも云われています。

そんな不思議な力が宿る地『湯河原』の特に神聖な場所を『トリプルパワースポット』と呼んでいます。

五所神社の楠木(くすのき)・実平手植えの城願寺の柏槙(びゃくしん)・地下のマグマが隆起してできた、エネルギーあふれる柱状節理の幕岩(まくいわ)。
湯河原トリプルパワースポットは強運、幸運、エネルギーに溢れた不思議な場所です!

源頼朝、土肥実平実平 お手植えの柏槙(ビャクシン)がある『城願寺

平安時代、湯河原(相模土肥郷)の豪族土肥次郎実平が、萬年の世までも家運が栄えるように「萬年山」と号して持仏堂を整えたという城願寺。
実平手植えのビャクシンは樹齢約900年のご神木です。
実平が頼朝の挙兵を助け、鎌倉幕府創生に尽力したことから
信頼 友情、恩義 が授かるパワースポットと言われています。

photo 千虎 https://ohkura-kyogen.crayonsite.com/

土肥郷の総鎮守『五所神社』樹齢850年の楠の木

土肥郷の総鎮守として天照大神以下五柱の神霊が鎮座されたと伝えられている五所神社。
神社の鳥居をくぐった右手に植えられた楠木は、幼木の頃から天照大神 (あまてらす おおみかみ)の力を授かり大樹に育ちました。
神社内で七福神巡りができることも人気で、健康、安全、勝利パワースポットです。


柱状節理の岩肌『幕山』

湯河原には富士山へ続く大地のエネルギーと神仏の大きなパワーが結集しているといわれています。溶岩が隆起してできた見事な『幕岩』は、まさに大地のパワーそのものです。
「頼朝開運街道」の地「幕山」
愛情、結縁、献身のパワースポットです。

 

 

画像をクリックでトリプルパワースポットのPDFが開きます
PDF内、ストラップのプレゼントは終了しています。
画像をクリックするとpdfが開きます