湯河原温泉 のんびり郷愁と原風景

湯河原温泉の夕暮れから夜にかけたいつものさんぽ道で珍しい形の花を見つけました。

今まで毎日通っていたのに初めて見かけた花です。

真っ白な星型の周りに綿菓子のような白いふわふわしたものが…。

後で調べたらカラスウリの花。

通常夏の夜、ひっそりと咲いて朝には萎んでしまうようです。

通りで見かけない。夜しか咲かないようで、

スズメ蛾が採蜜にきた際、花粉を受粉させやすい形状になっているそうです。

他にも、こんな綺麗な夕暮れがあったのか…と見入ってしまう夕映えや

小さな漁港

この時期は蜜柑が実る畑から海が見下ろせたり…

郷愁の原風景が広がります。

なにもない贅沢を楽しみに湯河原温泉へいらしてください。

心の洗濯がきっとできます。