offゆがわらVOL.4発行のお知らせ

3月26日発行のoffゆがわらVOL.4は、「美術館カフェへ行こう、ゆがわらの新しい恵み」特集号です。
急速に変化する現代社会に生きる日々ですが、懐かしい昭和の時代にタイムスリップしたい方に、ひとり静かな時間を過ごす場所があります。文豪夏目漱石や竹内梄鳳らが常宿にしていた昭和初期の面影を残す老舗旅館が美術館として今も健在、そこにカフェがあり地元十二庵の豆乳のカフェメニューがお勧めです。人間国宝美術館の喫茶では好きな茶碗で至高の一服を味わえる。
ゆがわらを代表する農作物なら柑橘類、大同ファームの無農手摘みの自家搾油によるオリーブオイル、湘南生まれのゴールデンオレンジは石澤商店が12年の研究で生まれたもの。パンの町ゆがわらパン工房レモンの木では、白神こだま酵母を使用したパンが人気。湯河原イベント情報(英訳ページあり)など編集部の力作を是非お読みください。